【グラフあり】2013年2月のGoogle順位変動


1月以降、ここ最近では検索エンジンの大きな順位変動が見受けられなかった為、更新は控えていたのですが、久々に順位変動のレポートでも。少しさかのぼりますが、今回は2月度の順位変動について。1月以降どのような変動があったのでしょうか。

3月にパンダアップデートが通常のアルゴリズムに組み込まれたというニュースが発表されたことは記憶に新しいのではないでしょうか。

パンダやペンギンなどのアップデートは大規模なアルゴリズムの更新なので、オフライン上で処理をしていたとのことですが、今後パンダに関しては自動化されますよということですね。

今後はパンダの通知もなくなる為、日々順位の変動には注視するようにし、SNSなどを利用してリアルタイムで情報収集するなどするといいかも知れません。

それでは2月の順位変動から。


▼2月度順位変動のグラフ

適当数1000サイトでの計測です。
・緑の線がプラス・マイナス5位以上変動したKW(キーワード)の割合
・青の線がランクイン・ランクアウトしたKWの割合
x軸が期間。y軸は変動を起こしたサイトの割合となります。

2月の順位変動については2月1日に動きが見られ、それ以降多少の動きはあるものの、1月度の順位変動と比べて大きな変動は見られませんでした。

一応、1月度の変動も載せておきます。


▼1月度順位変動のグラフ


1月18日の変動が全体の20%以上に対して、2月度は最大でも9%程と、2月の変動はそれほど大きくないということが分かります。

ご参考まで。

【▼こちらの記事もお勧めです】

カテゴリー: Chronicle, Google, SEO, パンダアップデート   パーマリンク