【グラフあり】2012年8月のGoogle順位変動


日本パンダの賑わいからあっという間にお盆に入り、最近ではエマニュエルアップデートが導入されたり、特許検索が可能になったり、中でも次回のペンギンアップデートの規模が大きいとの事で賑わっていますね。

そんな周囲の賑わいを気になりつつも、
それより最近の順位変動で気になった点があったのでエントリー。

8月ももう下旬に差し掛かろうとしていますが、大きなアップデート関連で
アナウンスのあったものは、パンダアップデート3.9で最後ですよね。

それ以降、8月にあったアナウンスといえば、現段階で確認されているのが8月の第3週(12、13~)から導入されたエマニュエルアップデートでしょうか。このアップデートに関してはあまり関係ないような気もするので、取りあえず注意を払うプライオリティは下げつつ、

それよりも8月2日、8月15日付近です。

■直近60日間の順位変動の推移

上記グラフは私の方で10000サイト程適当にかき集めて直近2カ月を計測したグラフです。
y軸は5位以上順位変動を起こしたサイト数です。

青字が上昇
赤字が下降
が上昇下降の合計

となります。

日本パンダ導入辺りから、ぶれにぶれまくっています。
8月2日はパンダ3.9から1週間後なので何とも言えませんが、

8月15日に何か起こってますよね。

約10000サイトに対して1000サイト程は動いています。

残念ながらアナウンスなどありませんでしたが、
これをご覧になられている方のサイトは如何でしたでしょうか?

ぱっと見でもわかるように日を追うごとに順位の変動が激しくなっています。
もう2か月前の頃とは雲泥の差ですね。もうパンダ3.8も霞んでいます。
更に、ペンギンも待っているみたいで、8月下旬も引き続き目が離せません。

参考までに。
※何かご存知の方いらっしゃいましたら、教えて頂けると幸いです。

【▼こちらの記事もお勧めです】

カテゴリー: Chronicle, Google, SEO, パンダアップデート   パーマリンク