SEOを考慮した404エラーページについて



404エラーのページについての取り扱いなどについてのエントリ。
最近ではパンダやペンギンなどキャッチーなキャラクターの登場により、

SEOといえばパンダ、ペンギンというイメージが色濃く付き始めている気がします。
そんな中、以前ソフト404の処理の見直しなどのアルゴリズム更新があったのをご存知でしょうか。
 

質を高めると言っても、404なので”ページが無い”という事を伝えることに変わりはありません。
そんなに大きく身構えて大幅な修正を加える必要もなく、ユーザービリティを意識すれば問題ないように思います。ユーザーが次の動作に移りやすいように検索ボックスを入れてあげたり、テキストを文語調ではなく口語調にしてみてもいいかもしれません。

海外サイトでは404ページにも力を入れているサイトなどが多数存在しており、その中には見ていて楽しめるページなどもあるので、この機に対策も兼ねて一度404ページに手を加えて見てもいいかもしれませんね。

私もWPのデフォルトのままなので、今度いじってみます。

▼404ページ一覧

おまけですが、様々なサイトの404ページを載せておきます。
参考にするしないは個人のご判断にお任せしますが、どのサイトも工夫されているみたいですね。

 

【▼こちらの記事もお勧めです】

カテゴリー: Chronicle, SEO   パーマリンク