【日本パンダアップデート後の「米パンダアップデート3.9」その影響は?】


今月もあともう少しで終わりますが、下旬は検索エンジンに大きな変動が立て続けに起こりましたね。

特に話題となったのが7月18日の『日本・韓国にパンダアップデート導入』でしょうか。
今まで日本でも適用されているかどうかの有無がはっきりしていなかった為、私自身も気になっている部分ではありました。

Twitter等の情報を見ておりましたが、「ついに日本にパンダが来た!」ということでかなり盛り上がっていたように思います。私もスッキリしました。

 

そんな盛り上がりも束の間、あっという間にパンダアップデート3.9(7月25日)導入のアナウンスがありましたね。

そして気になるのが

「日本パンダアップデート導入後も、米パンダアップデートによる影響は受けるのか?」

というところ。

『日本版のパンダアップデートが導入されたんだから、米国のパンダアップデートは関係ないのでは?』
と言いたいところでしょうか。これについてもネットで話題となっておりました。

こちら私の方で調べさせて頂きました。

【結論】
『日本パンダアップデート導入後も、米パンダアップデートによる影響はある』
と考えて良いようです。

▲上記 適当なサイトをかき集めて順位を計測した、キーワードの『ランクイン』・『ランクアウト』の変動率のグラフです。

ちょうど、「日本パンダアップデート」、「パンダアップデート3.9」のタイミングで変動が起きています。
(計測したURLの母数もかなりあるので、計測するサイトにもよりますが変動の傾向は掴めているはずだと思います。)

参考までに。
兎に角、今後も日米パンダ共に動きをチェックして行かないといけませんね。

【▼こちらの記事もお勧めです】

カテゴリー: Chronicle, Google, SEO, パンダアップデート   パーマリンク