【Google】2012年6月のアルゴリズム変動について


6月のGoogleアルゴリズムアップデートについてですが、今までのものとは異なり、月に変動が3回ありました。

・6月6日(Google・SERPsページの変動)
・6月12日(パンダアップデート3.7)
・6月26日(パンダアップデート3.8)

上記の日程で変動が見受けられましたが、
これらの中でも『Google・SERPsページの変動』
がTwitterなどを見ている限り1番話題に上っていたのではないでしょうか。

■「GoogleSERPs変動について」

内容としては、
クラスタリングによる同一ドメインの引っ張りの数がおかしなことになっておりました。
下記画像は100件検索の例です。

「東京 公園」とGoogleで検索。

2位~10位まで同一ドメインのサイトが引っ張られて占拠している
形になっております。(これじゃどこも入ってこれません^^;)

※100件検索です。

以前までは多くても4URLぐらいまでだったのですが、今回の変動により、
従来の順位より全体的に順位が全体的に後ろへ下がる“底下がり”といった形になりました。

※この現象は数日間である程度緩和されているようですが、
未だに100件検索においては残っています。

■パンダアップデート(3.7/3.8)

パンダアップデート3.7

Googler公式ツイートパンダ3.7発表

パンダアップデート3.8

パンダアップデート3.8Googler公式ツイート
今月起こったパンダアップデートの回数は2回となっております。
どれも軽微な変動とのことでこれらの話題については
とくに騒がれているような感じではありませんでした。

 

【▼こちらの記事もお勧めです】

カテゴリー: Chronicle, Google, SEO, パンダアップデート   タグ:   この投稿のパーマリンク