【画像検索最適化・クローラーへのアプローチ】


 

最近では、ナレッジグラフが導入されたのか?といったような話が
SNSなどで取り上げられていましたが(といいますか、私も書いたのですが)、
通常のワード検索以外に画像検索でもナレッジグラフが表示されたとのことで、
今回は画像検索についてのメモを。

Googleウェブマスターブログから

ウェブマスター向けのQ&Aがあったのでここでまとめておきます。

■検索エンジンに登録させやすくする為の基本的な部分

・Googleが認識できるファイル形式にすること。
(BMP、GIF、JPEG、PNG、WebP、SVG)
・画像データのファイル名が画像内容に関連した名前になっていること。
・alt 属性 は画像の人間が読んで分かるような画像説明として使用。
・ ページのテキスト コンテンツと画像近辺のテキストを、画像に関連した内容に。

この辺りは基本的な部分です。

あとは”クローラーの画像認識の仕方”について気になったところを下記に記載します。
うろ覚えの方は再度クローラーが画像をどのように読み取るのかを再認識して頂ければと思います。

■クローラーと画像について

・Googleがインデックスする画像データのファイルサイズに上限はない。
・画像のサイトマップは送信はした方がよい。
・検索エンジンがオリジナルとする画像が管理者が望む画像になるとは限らない。
・Googleは画像内容を判定する際に、ページのテキストコンテンツを使用している。

最後から2つ目についてですが、これは

『複数のドメインまたは、サブドメイン等を用いて複数ページに、同一の画像データをそれぞれに設置した際、クローラーはその中の1つをオリジナルとみなすが、そのオリジナルとみなす画像がウェブマスターが望んでいる画像になるとは限らない。』ということです。

1番最後のものは「ページのテキストコンテンツを使用している」とありますが、何が言いたいのかというと、オリジナル画像の設置ページであったとしても、テキストコンテンツが無ければ、コピーページよりも順位が劣ってしまうケースもあるということです。

■おまけ:画像検索が変化

「コロ助」と検索しました。

 

コロ助の画像がずらりと並んでいます。

画像検索でこういった画面になると思いますが、画像のURLをコピーして、

画像検索トップのカメラマークを押します。

 

こちらにURLを入力し、検索を押すと

この様な検索結果になります。

良く見てみると、

“この画像の最良の推測結果”『コロ助』

↑検索エンジンがしっかりこの画像がコロ助であると認識しています。

この情報は今まで表示はされなかったのですが、先日のナレッジグラフの件も

ありましたが、画像検索も徐々に変化が起きているようです。

“この画像の人だれだったっけな~?”

“この画像の人見たことあるけど、名前なんだっけ??”

って時に便利になるかもしれませんね。

 

 

【▼こちらの記事もお勧めです】

    カテゴリー: Chronicle, Google, SEO, 画像検索   パーマリンク