【検索候補としてサジェスト表示される為に必要な要素・方法】



▼検索候補としてサジェスト表示される為に必要な押さえておきたい要素

私たちがサーチエンジンで検索する際に、検索ボックスにキーワードを入力するとそのキーワードを絡めたキーワードを検索エンジン側がサジェストとして候補をいくつか表示してくれます。(上記の記事画像がまさにそれです。サジェストが表示されています)

▼サジェスト検索とは
正式名称は「Googleサジェスト」というもので、Googleのサービス名称です。“サジェスチョン”などとも呼ばれたりします。GoogleサジェストとはGoogleを利用しているユーザーが、これまで検索ボックスに入力した文字列の中で入力頻度の高い文字列等を選び候補として表示(提案)してくれる機能です。

検索サジェストに表示されるようになると、単純に考えても大きな恩恵を受けられます。その提案されるKWで上位表示されるサイトを持っているのであれば、流入数の増加にもつながりますし、候補として表示されるキーワードが入力したワードに対してポジティブなイメージをもたらすものであればブランディング効果にも繋がります。

検索するユーザーは楽な方に行きたがります。ユーザーは複合キーワードを絡めた検索を行うように時代の流れとともになりましたが、「●● 評判」と検索かけようとしたユーザーに対して「●● 口コミ」といった同様な意味をもったKWを提示されるとそちらに流れて行く傾向にあります。したがって「●● 評判」と検索をする(しようとしている)ユーザーも「●● 口コミ」へと流す同線を仕掛けることに繋がりますので、やはり押さえておきたいところですよね。

今回は検索サジェストに表示される要因として挙げられているものの情報メモを記載しようかと思います。
このサジェスト要因ですが、実のところ、“これをすれば必ず表示される!”という情報はあまり転がっていません。

サジェストに反映させるノウハウがあれば、先程あげたポジティブな情報以外にもネガティブな印象を与えることも可能となりステルスマーケティングにも利用できます。「ブランド名or人物名 詐欺」など見かけますよね。検索エンジン側もそれらの操作にはかなり敏感になっています。それらを踏まえて今回はサジェスト表示に大きく影響を与えていると思われる要素についてのメモを。

 ▼サジェスト表示に影響をもたらす要素
①検索ボリューム
②検索ユーザーの位置情報
③検索キーワードと関連するサイトの存在の有無
また上記のものとは別に
『新鮮さ』
『直前検索したキーワード』
などもパーソナライズの影響で表示されます。

■それぞれの補足・・・

①検索ボリューム・・・
こちらは“そのワードが何回検索されたのか”といったものを指します。
(もちろん、同じIPから何度検索してもここで言う“検索ボリューム”は稼げません)

②検索ユーザーの位置情報・・・
また、そのKWを検索するユーザーがユニークなのかそうでないのか。そのユーザーのIPなど。
※検索サジェストというものは検索するユーザーの位置情報によって異なります。
(東京で大阪の情報がサジェストされても???となりますよね。)

③検索キーワードと関連するサイトの存在の有無・・・
これはそのままの意味ですね。“言及されているかどうか”実際に検索したワードに対してそのキーワードに該当するページ、それについての情報が存在しているのか。

例えば「株式会社●● ホワイト企業」でサジェストに表示させたいとした際、実際のウェブページに「ホワイト企業」である内容が記載されているページが存在していない。むしろブラックだとネット上で言われていたら表示させることは到底できません。(たとえが悪すぎですが・・・)

・『新鮮さ』・・・
この新鮮さ(QDF)というのは、リアルタイムで注目されているキーワードのことを指します。

・『直前検索したキーワード』・・・
これはパーソナライズの1つですね。そのまんまです。

①②③と数字で分けて記載していますが、これらは3つの中の1つだけ出来ていればいいといったものではなく、①②③全て押さえておくことが必要となります。これらを押さえていればそのキーワードは検索サジェストとして表示されるようです。

【▼こちらの記事もお勧めです】

カテゴリー: Chronicle, Google   パーマリンク